酵素がダイエットに効果がある理由

酵素というのは元々体内にも存在している物質で、大きく分けると二つの使われかたをしています。

消化酵素
食べたものを消化するときに利用される酵素です。
エネルギーを吸収して生命活動に必要な栄養を取り込みます。

代謝酵素
食べたものをエネルギー変換して、排泄したり汗などを排出するための酵素です。
運動をしてカロリー消費をするためにも使われます。

しかしながら体内酵素はストレスや加齢などでどんどん減っていってしまいます。
そして、少ない酵素は優先して消化酵素として使われてしまうので、体内酵素が減ると代謝効率が悪くなっていきます。
加齢と共に食事制限をしても体重が減りにくくなり、運動をしても痩せにくくなるのは、体内酵素が減って代謝に使われる分が少なくなってしまった影響が一因になります。

酵素サプリや酵素ドリンクで体外から酵素を補うことで消化と代謝を助けるというのが、酵素ダイエットの目的にです。
特にファスティングダイエットで酵素ドリンクを用いるのが有効とされていますが、これは内臓が消化のために活動するのを休ませ、同時に取り入れた酵素を効率よく代謝酵素に回すことができるからです。

代謝が上がればエネルギーをどんどん燃やしていけます。
体内酵素を増やして痩せやすい身体を作ることが、酵素ダイエットの目的です。