酵素ダイエットは、断食しないと効果がでないのですか。

酵素とは?

酵素は、私たちが食事から摂取する栄養分を消化する働きや、体を動かすためのエネルギー産生の役割を担っており、生きていくうえで欠かせないものです。
また酵素には、消化酵素と代謝酵素というものがあり、消化酵素は取り入れた食物の消化吸収、代謝酵素は人が活動していくうえで必要不可欠なエネルギー産生を行っています。
酵素はタンパク質からできているため、熱に弱く、高くても70℃ぐらいまでしか耐えることができません。
それ以上になると、酵素の失活がおこり、その機能が失われてしまいます。
酵素は、人間の体温である37℃前後が最も活発的になるのです。

酵素ダイエットと断食

断食と聞くと、修行僧が行っているような厳しいものを想像しがちですが、自分のペースや順応性に合わせて計画を立てることによって、女性でも気軽に断食をすることもできるのです。
断食には、臓器を休ませたり、脂肪燃焼などのメリットがあり、何も食べないことによって代謝酵素が消化酵素より活発的に働くので、酵素と断食を組み合わせることによってよりダイエット効果を得られるのは確かです。
しかし、必ずしも断食をしないとダイエット効果がないというわけではなく、酵素の働きをうまく活用すれば、確実な効果を得られます。
酵素を増やせば代謝が良くなり、代謝が良くなれば太りにくい体になります。
酵素ダイエットには、置き換えダイエットというものもあり、一日に一食分だけ酵素飲料に置き換えることで、過剰な食事制限をしなくても効率的に酵素を摂取することができます。

まとめ

酵素には、消化吸収と脂肪燃焼という役割があり、生命に必要不可欠なもので、積極的に摂取することによって、太りにくい体を作ることができます。
また、断食と酵素を組み合わせるとより良いダイエット効果を得ることができますが、置き換えダイエットで一日一食分を酵素飲料に変えるだけでも、無理な食事制限をせずにダイエット効果を得られることができます。